ココロもカラダもキレイにしたい!

ビュティラボ

健康・美容豆知識

エキストラバージンオリーブオイルを使った健康法と美容法

投稿日:

料理に使ったり、美容ケアで使うなど様々な用途で大活躍するエキストラバージンオイルですが、一体どんな風に使うと良いのでしょうか?

私自身も、エキストラバージンオイルを美容面や健康面でも様々な方法で使用しているのですが、その多様な使い道にぜひ1本持っていて損はないと断言できるほど、とても優秀なモノだと思います。

今回は、エキストラバージンオイルの効果や様々な使い方について紹介しますのでぜひ参考にして頂けたら、と思います。

そもそもオリーブオイルとどう違うのか?

オリーブオイル

オリーブオイルは、オリーブの果実から果汁を絞りだした後、分離させた油のことです。さらにその中でも、酸度が100gあたり0.8g以下の特に香りや質の優れたものをエクストラバージンオイルと呼びます。つまり、エキストラバージンオイルはオリーブオイルよりも高品質なものであるということです。

健康面だけじゃない!エクストラバージンオイルの効果

美容

エクストラバージンオイルには、健康面はもちろんのこと美容面においても優れた効果があります。

健康面では、中性脂肪や悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす作用があり、血液に良い作用をもたらすことで血管が詰まるのを防ぎ、動脈硬化や脳卒中といった生活習慣病の予防に効果が期待できます。

さらに整腸作用ももつため、便秘を改善したり予防する働きもあります。便秘をすると体にとって有害な物や老廃物が溜まってしまうので、肌荒れや吹き出物といった肌トラブルも起きがちです。便秘が改善されるだけでも様々な病気の予防にもなり、美肌にとっても便秘は大敵です。しっかり毎日便を出しましょう。

さらに、高い抗酸化作用を持つため老化や病気のもととなる細胞の酸化を防ぎます。エクストラバージンオイルは体がサビ付くのを予防し、いつまでも若々しく健康でいられるためのとても優秀なオイルなんです。

こんな使い方も出来るんです!エクストラバージンオイルの様々な活用方法

では、エクストラバージンオイルは一体どんな使い道があるのでしょうか。食べたり、美容に使ったりと、(こんな使い方もあったのか!)と私自身も目からウロコなことが多く実際に使ってみて良かったのでぜひ紹介したいと思います。

普通にそのまま食べても油独特のムカムカさが少なく、以外と風味もよくオイルにしてはあっさりとした食感でそのまま食べても十分毎日続けられるのではないかと思います。

洋食にもサラダにも、そのまま食べてももちろん効果抜群!

サラダ

パンにつけたり生野菜にそのままかけたり、料理に使う油をエクストラバージンオイルに替えるだけで簡単に取り入れることができます。

フライパンで焼く焼き魚やムニエル、卵焼きや野菜炒めなどどんな料理に使っても決して料理の味を邪魔することがありません。とある女優さんは、エクストラバージンオイルを揚げ物でも使うそうです。

さすがに揚げ油に使うのは贅沢なので、私のような一般庶民にはもったいなくてとても真似できませんが…もちろん、そのまま食べてもOKです。毎日ティースプーン1杯ほどそのまま食べることでエクストラバージンオイルの効果を直に吸収できます。

メイクオフに使用して肌に優しいクレンジング

クレンジング

日々のメイク落としにエクストラバージンオイルを使ってみてください。

がっつりとしたメイクにはイマイチ不向きですが、軽いメイクならちゃんと落とすことができます。手に500円玉くらいのオイルを手に取り、優しく肌になじませます。メイクとなじませたらお湯できれいにすすぎます。その後は普通に洗顔してください。

市販のメイク落としは、きれいにメイクは落とせるものの肌に必要な油分まで洗い流してしまうものも多く、乾燥肌や敏感肌の人は肌荒れを起こす要因にもなってしまいます。その点、エクストラバージンオイルは肌に負担をかけずに落とせるので、普段使いの軽いメイクならぜひクレンジング代わりに使ってみてはいかがでしょうか。

保湿剤の代わりに使って、しっとり肌を目指そう!

化粧水

化粧水をたっぷり付けた後、美容オイルの代わりにエクストラバージンオイルでしっかり保湿をしてみてください。つけすぎるとベタベタしてしまうので、少量を手のひらでなじませて顏を手のひらで覆い込むようにしっかりなじませます。すると手のひらで温まったオイルが、肌にしっかりと浸透してゆきます。

夜つけても朝までしっとりと肌を保湿してくれるので、特にかさつきがちな冬場や乾燥肌の人におススメです。

もちろん全身に使うこともできるので、オイルマッサージで体に使うと全身モチモチの肌で冬でも乾燥知らずの肌を手に入れることができるでしょう!

髪の毛に使ってツヤツヤ髪を手に入れよう

ロングヘアー

ドライヤーの熱で髪の毛が傷むのを防ぐため、エクストラバージンオイルを髪の毛になじませてヘアケア剤代わりとしても使えます。

髪の毛が乾くと、つやつやでイキイキとした髪の毛になることでしょう。髪の毛もつけすぎるとベタベタになってしまいますので、髪全体でロングヘアなら100円玉くらいの量を毛先からごく少量づつつけていくのがポイントです。少量でもしっかりとツヤツヤになるのでコスパが良いのが嬉しいですね。

さらにエクストラバージンオイルで頭皮をマッサージしてからシャンプーをすると、頭皮の汚れがしっかりと落せて頭皮もキレイになります。夏場など頭皮の匂いが気になる時に、ぜひ試してみてください。

まとめ

エクストラバージンオイルは食用だけでなく美容ケアとしても様々な用途で使うことができます。ドラッグストアやスーパーなどでも簡単に手に入りますので、1本持っておいても損はないと思います。食べてもよし、肌に塗ってもよしのエクストラバージンオイル、ぜひ健康と美容のために使ってみてください。

-健康・美容豆知識

Copyright© ビュティラボ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.