ココロもカラダもキレイにしたい!

ビュティラボ

健康・美容豆知識 美容サプリメント

誰にでも簡単に作れる!ゆず化粧水の作り方

投稿日:

乾燥肌で悩んでいる方必見です!ゆずで簡単に化粧水が作れることを知っていますか?私は、以前近所のおばちゃんに大量にゆずを頂いたのですが、正直ゆずの味が苦手で使い道に困っていたんです。

お風呂に入れる「ゆず風呂」も考えましたが、大量に浮かべてあったゆずを子供が面白がって潰しまくり排水溝が詰まってしまい大変な思いをしたので以来ゆず風呂は我が家では禁止です。

さてどうしたものか…と考えていた時、ゆずを持ってきてくれたおばちゃんが「ゆずの種で化粧水を作って使うとすっごく肌がキレイになるよ!」と言いだしました。

(またまた~種なんて捨てるでしょ)と思っていたのですが、義母も同じことを言い出したので言われた通りに作ってみることにしたんです。今記事は、義母に教えてもらったゆずの種を使った化粧水体験談をお話ししたいと思います。

驚くほど簡単に出来る!ゆず化粧水の作り方

ゆず

材料は、ゆずの種15~20個、日本酒か焼酎のみです。作り方は、ゆずから種を丁寧に取り出し、ささっと洗います。種の周りについているヌルヌルっとしたのはペクチンといって今回の化粧水の主役ですので、洗いすぎないようにしましょう。より効果を求めたい方は洗わなくても良いでしょう。(私は柑橘類にある独特の皮かスジみたいなのが取れなかったので少しだけ洗いました。)

その後、熱湯消毒をした清潔な容器に、取り除いた種と日本酒か焼酎を100~200㏄ほどを入れます。そして、冷蔵庫に入れて1週間保存しておきます。時々、まんべんなく混ざるように容器を軽く振ってください。

1週間後、容器の中から種を取り出します。その時、ガーゼなどで濾すと綺麗に取り除けます。これで化粧水が完成です!

これだけは気を付けて!ゆず化粧水の注意点

注意

ゆず化粧水を作るとき、お酒で作るのでアルコールに弱い人は腕などで少だけ塗ってパッチテストなどをしてから肌に異常が起こらないか、痒みが出ないかなど確かめてから使うようにしてください。

もし刺激が強いようでしたら、精製水で薄めて使うと良いでしょう。痒みが出たり刺激が強くでたり肌が敏感でアルコールが合わない方などは、日本酒や焼酎でなくても精製水のみで作る方法もあるようです。

アルコールが入っているのでわりと長期間にわたって保存が可能なようですが、夏場などは食べ物自体腐りやすい時期ですのでなるべく早くに使い切るようにしましょう。保存方法は冷暗所や冷蔵庫で保管して直射日光が当たる場所や湿気が多い場所は避けてくださいね。

初めて使ったゆず化粧水に大感動!

鏡を見る女性

出来上がったゆず化粧水ですが、初めて手に取った時びっくりしました。すっごくトロトロで普段私が使っていた化粧水よりもはるかにプルプルになるんです。

しばらく使い続けてみたのですが、保湿力が本当にすごくて毎日お肌がプルプルになり、お手入れした後しばらくしてから顏を触るとすっごくモチモチの肌になっていました。

化粧水だけでもしっかりと潤いのあるお肌になることに驚きでした。正直、手作りの化粧水ってあまり信用してなかったんですけど、ゆずの種は本当に保湿効果があります。

それからというもの、ゆず化粧水の魅力を知った私は、手作りの化粧水にすっかりはまってしまったのでした。ゆずの種から出てきたこのプルプルは、先ほど紹介した種の周りについているペクチンという成分が出しているものなのだそうです。

このプルプルのペクチンが肌をしっかりと保湿してくれるので、まさに乾燥肌で悩んでいる人にはとってもおすすめの手作り化粧水です。

さらに保湿力をアップさせたい時には、少しだけグリセリンを混ぜると良いでしょう。グリセリンはドラッグストアなどで簡単に手に入るので、冬場など乾燥が特に気になる季節にはぜひ試してみてください。

しかし、グリセリンは入れ過ぎてしまうとかえって乾燥を招く性質があるので、くれぐれも入れ過ぎには注意してくださいね。

まとめ

ゆずの種で化粧水が作れるなんてびっくりしました。もちろん顏だけでなく、全身に使うことが出来るので乾燥の気になる季節にはボディケアとしても使ってみてください。

もらったゆずがまだまだ沢山余ったので、いくつか化粧水を作って祖母の誕生日にプレゼントしたのですが、大変喜ばれました。美意識の高い女性や年配の女性への贈り物にもぴったりだと思います。

ゆず化粧水で、プルプル肌を手に入れて乾燥知らずの肌をぜひ実感してみてください。

-健康・美容豆知識, 美容サプリメント

Copyright© ビュティラボ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.