ココロもカラダもキレイにしたい!

ビュティラボ

カテゴリーなし

スキンケアで美肌を目指そう!スキンケアランキング

投稿日:

肌トラブルに悩まされてる方も多いのではないでしょうか。
基本的なスキンケアをしっかりやって自分にあった化粧品を使うだけで肌はきちんと応えてくれます。
まずその基本的なスキンケアについて書かせていただきたいと思います。

<h2>スキンケアの流れ</h2>
まずは、みなさんもご存知だと思いますが
基本的なスキンケアの流れとポイントを簡単にご紹介していきます。

<h3>スキンケアその1:クレンジング</h3>
スキンケアをするにはまず、クレンジングをして肌についたファンデーションや汚れをしっかり取りましょう。
クレンジングは人肌に暖めると効果を発揮するので手の平にのせ人肌に馴染ませてから顔に伸ばしていきます。ここで重要なのは優しく撫でるように顔に馴染ませること。
しっかり馴染ませたら、ぬるま湯で洗い流します。クレンジングの種類によって拭き取り専用のものもあると思いますがその時もこすってはだめです。ティッシュを顔において手で馴染ませてから優しく取るようにします。
肌はとてもデリケートです。少しの摩擦がしわの原因になってしまうのです。

<h3>スキンケアその2:洗顔</h3>
洗い流したら今度は洗顔です。
洗顔する前にはしっかり手を洗います。
手についた皮脂や汚れで洗顔すると効果は半減してしまうのです。

きちんと手の平をひっくり返しても落ちないくらい泡立てたら優しく顔にのせていきます。
おでこや鼻筋あごといわゆるTゾーンと呼ばれる場所からのせていきます。
その後ほっぺにのせて顔全体にのせたら少し時間をおきます。

洗顔はこの泡で洗うことが大切なので無理にごしごしと洗う必要はありません。
むしろごしごしと洗ってしまうと先ほどと同じようにしわやくすみにつながってしまいます。

クレンジングも洗顔も肌の汚れを取るために少し強めの成分で出来ているはずです。
その強めな成分で余分なケアをしてしまうとますます肌のトラブルへと繋がってしまうのです。
優しく扱うことが基本です。目安として薬指と小指で優しく肌を触れる位の強さでも充分だと思ってください。
泡をのせるだけで充分に汚れはとれていますが気になるなら優しく馴染ませて上げるようにくるくるとさせてください。
ぬるま湯でしっかりと洗い流してください。
シャワーなどでそのまま流すよりは手にお湯をためて流す方がいいです。洗い流す時まで優しくです。
何故ぬるま湯がいいのかと言うと、皮脂は30度で溶けだすといわれています。
皮脂汚れをしっかり取るのに効果的な、30度以上の私たちがぬるいなと感じる32度以上がよいと言われています。

タオルで水を拭く時もごしごしと拭かず、タオルを顔にかけて上から押すようにするだけで水気はしっかりとれます。

<h3>スキンケア3:化粧水</h3>
スキンケアで大切なのは洗顔から化粧水をつけるまでの時間です。
早ければ早い方が良いです。
時間がたってしまうと顔の水分が蒸発し、顔の水分バランスが崩れて乾燥肌やオイリー肌のトラブルのもとです。

化粧水の前にあるなら拭き取り化粧水を使うことをおすすめします。
クレンジングや洗顔で取りきれなかった汚れや洗顔フォームの洗い残しなどを綺麗にしてくれ、これからスキンケアをするのに大切な化粧水の成分などを肌に入りやすくするだけでなく肌の状態も整えやすくしてくれます。
コットンにたっぷりと出して使ってください。

化粧水もしっかりコットンにたっぷりと出してパッティングしていきます。
こするようにつけていくのではなくて、肌に垂直に優しく叩くように馴染ませていきます。
コットンの持ち方は人差し指と中指の間にコットンのはじを挟んで、薬指と小指の間にもう片方のはじを挟みます。
中指と薬指の内側に化粧水がついたコットンがくるようになっていると思います。
そのたっぷりとついた化粧水入りコットンがぱさぱさしてきたら化粧水がしっかり肌に入ってるはずです。
肌を触ってみて少しひんやりしたなと思ったらしっかりと化粧水が肌に入った証拠です。
化粧水をコットンでつけるには理由があります。手の平はしわが多く化粧水を吸収してしまいやすいのです。顔に化粧水をつけたいのに手の平に化粧水をつけてしまうことになるのでコットンは必ず使ってください。
つける時に気をつけたいのが気持ち下から上につけていくことです。このスキンケアをしてる時に上から下につけてしまうと肌垂れやすくなってしまいます。

<h3>スキンケア4:美容液</h3>
そして次に使うのは美容液です。手の平に適量に取り馴染ませてから肌につけていきます。少したたくように入れると入りやすいです。ただしここでも強すぎは 禁物です。スキンケアでの叩くとはマッサージみたいなものなのであくまで気持ちいいと感じるくらいの強さでやってください。最後に顔を手で覆って馴染ませ ます。

スキンケアをする時にオイリー肌だから乳液は使わないという方がいますがそれは間違いです。逆に乳液をしないことで肌が乾燥してしまい、乾燥させまいと皮脂を出してしまうのです。ますますオイリー肌になってしまうのでしっかり乳液をしてあげてください。
化粧水だけでは逆に水分が蒸発してしまいます。乳液には先ほど使った化粧水と美容液を閉じ込めておく効果があります。かといって化粧水をしないで乳液だけ 使うのも危険です。水分がない状態で蓋をしてしまう様なものなので毛穴もつまりやすくなってしまって肌によくありません。化粧水と乳液は必ずワンセットと して使ってください。
使い方は美容液と同じように使います。

<h3>スキンケア5:美容クリーム</h3>
最後にクリームをして完璧に今までスキンケアを使った成分を完璧に閉じ込めます。適量を顔にのせて伸ばします。伸ばす時も優しくが基本です。最後に顔を手で覆って馴染ませれば完成です。

顔のトラブルの原因はしっかりスキンケアをしていなかったりどこかで間違った使い方をしていることがほとんどです。肌にあったスキンケアをしっかり行うことが大切です。

 

[showwhatsnew]

-カテゴリーなし

Copyright© ビュティラボ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.