ココロもカラダもキレイにしたい!

ビュティラボ

洗顔石鹸ランキング

洗顔石鹸の選び方のポイントをご紹介

投稿日:

洗顔石鹸は、スキンケアの中で重要な要素であり、その選び方は本当に大切になります。
しかし様々なと、様々な種類があり書かれている効果も様々。
どれを選んでいいのかわからなくなりますよね。
そこで今回は、『スキンケアの力』がまとめた洗顔石鹸の選び方をご紹介します。

ポイント①弱酸性系・アミノ酸系は注意

洗顔石けんときくと固形というイメージがあると思いますが、石鹸とは弱アルカリ性で出来ています。
お肌は弱酸性で弱酸性で作られてるものが肌にはいいイメージがあると思いますが、
石鹸は脂肪酸とアルカリが化学反応で出来ています。
弱アルカリ性でないものは実は界面活性剤を含んだ合成洗剤なのです。

皮膚には弱酸性に戻してくれる力が元々備わっていて、
石鹸を使ってアルカリ性よりになってしまった肌も
自分の体から出る水分や皮脂が肌でまた弱酸性へと戻してくれるのです。
アルカリ性だからといって懸念してしまい弱酸性やアミノ酸系などと書かれているタイプのものを選ぶと、
無理矢理弱酸性にしている成分が入ってる事でそちらの方が肌にはよくないのです。

選び方ポイント②成分表示がないものは注意

石鹸には化粧品扱いとされてるものとそうでないものがあり、
化粧品扱いされてる石鹸はしっかりと成分が表示されています。
しかしそうでないものは雑貨として扱われ成分の表示がないので注意が必要です。
成分をしっかりみて石鹸を選んでください。
その時に見ていただきたいポイントをご紹介します。

入っていないことをおすすめする成分

石鹸を選ぶ上で注意したいのが、
前提として、あまり化学合成された成分を避ける点です。
化学合成界面活性剤などは、アルキルスルホン酸Na・トリエタノールアミン・アセチルモノエタノールアミドなどがあり科学合成成分なのでさけた方が無難です。
乳化安定剤として使われる化学合成成分としては、ポリオキシエチレンラウリルエーテル・ラウリル硫酸Naなどがあります。
自然由来の乳化安定剤としては、エンドウ豆エキス・レシチン・ラノリン・パームオイル・ココナッツオイル・ペクチンなどがあるためこういったものを選ぶべきです。
また、その他でお伝えすると

  • 着色料
  • 合成アルコール
  • 鉱物油パラベン
  • 石油系界面活性剤
  • が入っていないものを選ぶと良いでしょう。

    肌タイプ別洗顔石鹸の選び方ガイド

    また、上記なようなポイント以外に天然由来の成分であっても
    乾燥肌、脂性肌などその人によって肌の特徴に合わせてしっかりと
    選ばなければなりません。

    詳しくは、洗顔石鹸ランキングにて肌タイプ別にその内容をご紹介して
    おりますので、参考にしていただければと思います。

    -洗顔石鹸ランキング

    Copyright© ビュティラボ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.