ココロもカラダもキレイにしたい!

ビュティラボ

DHA/EPA

脂肪酸について、不飽和脂肪酸とは?

投稿日:

DHA・EPAなどに含まれる不飽和脂肪酸とは?

人間が体の中で作られない栄養素であるこのDHA・EPAは、バターなどの油と違い低温でも固まりにくい性質があります。この性質のお陰で魚は冷たい海や川を元気に泳ぐ事が出来ます。

DHA・EPAは脂肪酸の中でもオメガ3というものに分類されます。脂肪酸の種類は大きく分けて2種類あります。

・動物性油脂の飽和脂肪酸
・植物性油脂の不飽和脂肪酸
です。
常温に置いて固まるのが飽和脂肪酸で、液体のままなのが不飽和脂肪酸です。DHA・EPAは植物性油脂の不飽和脂肪酸にあたります。

この不飽和脂肪酸の中でも種類が3つに分けられます。
オリーブ油などのオメガ9系(オレイン酸など)、
一般的な植物油のオメガ6系(リノール酸など)、
そして魚油やえごまや亜麻仁油などのオメガ3(DHA・EPA、α-リノレン酸など)です。

その中のオメガ3は炎症を抑えてくれたりと注目されています。
この炎症を抑える効果から様々な病気や予防にも効果があるとされ、生活習慣病にも効果があったとされています。

脂肪酸はバランスも大切になってきます。
オメガ3とオメガ6の割合を1対4にするのが理想的とされていますが、
現代ではオメガ6を沢山とってしまいオメガ3はとても足りていない状況になってしまっています。

-DHA/EPA

Copyright© ビュティラボ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.