ココロもカラダもキレイにしたい!

ビュティラボ

健康・美容豆知識 薄毛

薄毛に気づいてサプリで生活習慣をしたのに効果はない

投稿日:

20代の中盤になったころ、初めて自分が薄毛になってきてるということに気づきました。

きっかけはふと髪の毛をかき上げたときに友人から「お前、ハゲてない?」という一言を言われた時でした。

その時に初めて薄毛になっているのではないかということを意識し始めて、毎朝起きたときに髪の毛をチェックするのが日課になりました。毎朝髪の毛をチェックしていると徐々に髪の毛が後退していることに気づきました。

また、そのような観点で日々の生活を振り返ると、シャワーの時にかなりの量の髪の毛が抜けていたり、朝起きると枕が髪の毛で真っ黒になっていることにも思い当たりました。

今回はそんな私が分かった薄毛に対する体質改善の方法とその結果

そして薄毛の悩みを解決できた方法をご紹介します。

徐々に進行する薄毛に対して生活習慣の改善で対応

シャンプー

photo credit: Pantene Shampoo and Conditioner, 9/2014, by Mike Mozart of TheToyChannel and JeepersMedia on YouTube #Pantene #Shampoo #Conditioner
via photopin (license)

最初は薄毛の事実を認めたくなく、シャンプーの時の洗い方が激しすぎたから抜け毛が増えたのかなと思ってやさしく洗ってみたり、シャンプーを100均で買っていたシャンプーからちょっと高級なシャンプーに変えてみたりしました。しかし、気づいたらどんどん薄毛は進行していきます。これはまずいと思っていろいろインターネットで情報を調べてみたところ、食生活の乱れ・睡眠の乱れ・ストレスが薄毛につながるという記事を見つけました。その記事を読んで生活習慣を見直してみることにしました。
具体的には今までインスタントラーメンや外食などが多かった食事について、和食中心に切り替え、なおかつ髪の毛にいいといわれる海藻類やサプリを多くとるようにしました。普段は自炊しない自分ですが、わかめの味噌汁だけは自炊するようにしました。また、この味噌汁のような大豆食品に関しても大豆イソフラボンというものがふくまれており、その大豆イソフラボンが育毛に効果があるという話がありました。したがって、納豆に関しても朝食では必ず食べるようにしました。また、この際に亜鉛という育毛を考えた時に非常に大切になる成分を多く含んでいるといわれている青魚も一緒に取るようにしました。このように食生活に関してはかなりいろいろ勉強して改善を試みました。加えて、睡眠についてです。平日で仕事が遅くなったときは仕方ないですが、仕事が休みの時であっても朝の4時くらいまで起きているというのが日課になっていました。この生活習慣はまずいと思い、なるべく24時を回る前には眠るようにしました。

また、ストレスには運動がいいとも書いてあったので、さぼり気味だったジムにまた週末は通うようになりました。また、週末は朝の散歩も欠かさず行うようになりました。

実際に試した体質改善の薄毛への効果

OMG

photo credit: OMG via
photopin
(license)

このように生活習慣を改善したことにより、体の健康状態は著しく改善しました。それはよかったのですが、完全の薄毛症状に関しては全く改善の兆しを見せませんでした。むしろ、そのような生活習慣の改善に励んでいる時にもどんどん毛髪の後退は進んでいました。このような自助努力での対策がうまくいかなかったので、さすがに育毛用の対策をしなければまずいかなと感じるようになりました。

薄毛に対する悩みを解決する方法って?

実際悩んだすえに薄毛の専門医に相談したところ薄毛の原因については2つあるそうです。

1つが生活習慣の乱れやストレスが原因となって発生する薄毛もう一つが男性型脱毛症、通称AGAと呼ばれる症状が原因となって発生する薄毛症状になります。

前者の場合であれば、生活習慣を改善することによって、十分に薄毛症状の改善は見込まれます。そういったときは薄毛対策のサプリメントなども有効だとわかりました。

しかし、後者の場合であれば専門的な治療を行わない限りにおいては根本的に薄毛の症状を改善するのは難しいとされています。自分の薄毛の症状に関してはのちのちAGAが原因であるということが分かったので、この時点での食生活をはじめとした生活習慣の改善はほとんど効果を見せることはありませんでした。

-健康・美容豆知識, 薄毛

Copyright© ビュティラボ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.