ココロもカラダもキレイにしたい!

ビュティラボ

アレルギー 健康・美容豆知識 緑茶

べにふうき緑茶で花粉症知らず。アレルギーへの効果・効能

投稿日:

今話題のべにふうき緑茶!
1月位からは、すぎ花粉など花粉症のピークがやってきます。
サプリメントビートでは、べにふうきとは?という方のために、効果・効能などを調べてまとめてみました。

そもそもべにふうきって何?

まず、べにふうきとはべにほまれと枕Cd86を勾配させたアッサム種(紅茶)に近い茶葉でもともとは紅茶用に作られていた茶葉でした。
近年研究が重ねられアレルギーに効果がある成分があるとされ注目されています。

べにふうきの優れている点は、
1.べにふうきは少ない農薬で栽培が可能なので、農薬が比較的少なくてすみます。
少なからず私たちも農薬の影響があることを考えて農薬が入っていないものを選びたい私たちにはいいですね。

2、べにふうきはカテキンが含まれてる量が多く、メチル化カテキンという新たな成分が入っていて、メチル化カテキンによって抗アレルギー作用があるとされています。

アレルギーはどうして起こる?

まず、アレルギーとは本当は無害な物質に体が反応して起こります。反応が起きると体はその物質を体の外に出そうとして様々な症状になって現れます。
わかりやすいのが花粉症で、花粉が体の中に入ると、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、頭痛などを引き起こすのです。
風邪の諸症状に似てることもあってとてもつらいのがアレルギーの一種の花粉症です。

べにふうきがアレルギーに効く理由

そんなアレルギーに効果があるとされてるのが、先ほど書いたメチル化カテキンです。
簡単に言うとメチル化カテキンは、アレルギー反応を起こすとされる物質が体の中に付着することを抑えます。
また、ヒスタミンという炎症物質を抑える効果があるのです。
特に鼻に効果があるとされていますので、花粉症で鼻の症状がつらい人にはおすすめです。
しかもこのメチル化カテキンは、即効性があり摂取すると30分程度で効果が現れるとされていて、飲み続ければ花粉症やアトピー性皮膚炎なども改善していく効果もあるのではないかと研究がすすめられています。

まず緑茶に含まれるカテキンにはウイルスを除去、脂肪燃焼、がん予防、食中毒の予防、消臭効果など多くの効果が発見されています。
メチル化カテキンは、ほかの緑茶に含まれてるカテキンの約6倍の吸収率があるとされています、
また、血液中にとどまる時間も長く、効果が長く持続するとされています。
メチル化カテキンは、高温でお湯に溶けだすとされていますから、熱いお湯で作った方がいいようです。
しかもこのべにふうきは製法の違いから紅茶には入っていないものです。
べにふうき緑茶で熱いお湯で飲むことをおすすめします。

このべにふうき緑茶が注目される理由は、現代病で悩まされる私たちにとって味方になってくれるからでしょう。
なるべく体に負担のない形で、アレルギーが抑えられると考える方にとってかなり魅力的なものだと思います。
しかし市販で売られているべにふうきはなかなか100%べにふうきでできているものは少ないのがネックです
ただインターネットの強みは、そういった悩みを解消してくれます。
しっかりと本物のべにふうきを手に入れて、この辛い花粉症を乗り越えましょう。

↓安心の100%べにふうきのティーバックです。これで花粉症対策もばっちり

べにふうき以外に人気の花粉症対策ができる健康茶

べにふうき以外で花粉症対策で人気のお茶を探したところ『お茶ダイエットの力』しました。

花粉症対策!えぞ式 すーすー茶

やはりこの時期、一番気になるのが花粉症対策に関連する健康茶のようです。べにふうき緑茶が一番花粉症対策として有名だと思いますが、今年人気なのはえぞ式すーすー茶です。

人気の理由は、たった1杯でもきくその有効性とノンカフェインの安全性。

そして、よくある花粉症対策の薬とは違い眠くならないので日常から運転する方からの支持が多くなっています。

-アレルギー, 健康・美容豆知識, 緑茶

Copyright© ビュティラボ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.