ココロもカラダもキレイにしたい!

ビュティラボ

健康・美容豆知識

危険?海外サプリメントと国内サプリメントの違い

投稿日:

サプリメント市場がますます広がっていく昨今、ネットで海外サプリメントを購入する人も増えてきています。

海外サプリメントは国内サプリメントに比べると品ぞろえも豊富で、商品によってはコストパフォーマンスが良いというものもあり、個人輸入で手に入れる人もいるのではないでしょうか。

ところで海外サプリメントと国内サプリメントは、コスパ以外にもどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、国産・海外サプリメントを比較しながら、違いについて見ていきたいと思います。

海外サプリメントはなんだか危険な感じがするのですが……

海外サプリメントは危険?

日本産の国内サプリメントは、不足したり欠乏したりしている栄養素や成分を補給することを目的に製造されています。

つまり一般的な人の1日の摂取量の目安を順守しているので、欠乏症にならない程度の有効成分を配合しているという特徴があります。目安よりも多めに配合しているサプリメントもありますが、その場合は食事と併用しても副作用が出ない程度の量にとどめてあります。

それに対して海外サプリメントの場合は、各国の基準によって多少のバラつきがありますが、サプリメントの愛用者が多く先駆者的存在であるアメリカの場合は、摂取しても副作用のリスクが低いであろう上限に近い成分を配合しているものが多いのが特徴です。

つまりサプリメントだけを摂取した場合は副作用のリスクが低くても、食事から摂取してなおかつサプリメントでも摂取した場合は、過剰摂取になる可能性が高いということです。

そういった点でいえば、危険と言えなくもありません。しかし適切な摂取量であり、信頼のおけるメーカーから購入すれば、そのようなリスクが極めて低いといえます。

国内サプリメントと海外サプリメントのメリット、デメリットって何ですか?

-shared-img-thumb-GREEN_NE20140125_TP_V

安全?国内サプリメントのメリットとデメリット

国内サプリメントの場合は、欠乏症予防の目的で作られているものが多いことから、副作用の出るリスクが低いというメリットがある半面、長期間摂取し続けても効果がイマイチ実感し難い、といったことが生じやすいというデメリットがあります。

危険?海外サプリメントのメリット・デメリット

それに対して海外サプリメントの場合は、有効成分も上限ぎりぎりまで豊富に配合されていることから、効果に即効性が期待できるというメリットがあります。その反面、医薬品ほどではありませんが副作用の出るリスクが高いというデメリットがあります。

いずれの場合もメリット、デメリットがありますが、摂取する場合は医師や薬剤師と相談して、アレルギー物質の有無も確認してから適切な量を摂取するのが望ましいといえます。

海外サプリメントは、どのような人に適しているの?

海外サプリメントはスポーツに

License: (license) 

国内サプリメントの場合は、食事では補いきれない栄養素や成分を補う意味合いがあることから、一般の人が摂取するのに適しています。あくまでも通常の食事の補助的な存在として、健康維持のために役立てられるものです。

それに対して海外サプリメントの場合は、一般の人に比べると栄養素や成分の消耗量がはるかに多い、プロスポーツ選手やアスリートの人に向いています。

エネルギーをはじめ栄養素や成分の消耗量が多いと、国内サプリメントと食事だけでは十分に補いきれない場合があります。

ハードなトレーニングや運動に耐えうる身体を作り試合で良いパフォーマンスを見せるためには、海外サプリメントのように栄養素や有効成分をたっぷり配合したもので補給するのが効率的なのです。

今では国内外を問わず、欲しいサプリメントが手軽に購入できるようになりました。

サプリメントは食品ですので医薬品のような副作用は比較的少ないのですが、過剰摂取や自分の体質を把握せずに摂取すると、やはり副作用のリスクが高まります。

またスポーツをしていて体力づくりを目指している場合は、医師やジムで栄養指導を受けることも大切です。

海外サプリメントも国内サプリメントも同様、正しい摂取の仕方で健康維持と体力向上に役立てるようにしましょう。

-健康・美容豆知識

Copyright© ビュティラボ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.